<< どうも分からない | main | どうも分からない >>

どうも分からない

西鉄バスで、清水町(福岡)バス停に近づいた

車椅子の障碍者が待っていた。 手を揚げて(お願い)している。

バスの運転手は、バスを降りる人が全部済んで、

マイクの付いた帽子を脱いで、安全ベルトをはずし、バスを降り

真ん中のドアーから、車椅子用、鋼鉄製のステップを

引っ張り出し、車椅子のお客を、バスに乗せる。 そして

鋼鉄製のステップを元に戻し、安全ベルトを装着し

帽子を被り、やがて発車する。 街のど真ん中で、なんと、

ソラリアステージ前、福岡で、一番混雑し、車が多い所、

お客は、降りるボタンを押した。 運転手は、再び、乗車時と同じ、

動作で、お客を降ろす。 かなりの時間が掛り、その為に

車の渋滞を引き起こしている。 

ひょいと、見ると、「盲導犬のトイレ」があり、

ほとんど使われていない。 そうだ、このスペースを

少しばかり、障碍者のバス乗降に利用出来たらと思う。

人・車に迷惑を掛けずに、障害者の人達が、繁華街に、

皆と一緒に気楽に行けると思う。

Dereeかんちゃん

at 12:35, dereeblog, -

comments(1), trackbacks(0), -

comment
うらら, 2010/09/23 8:07 PM

「ほとんど使われていない」と言っても無くすわけには行きませんよ!身体に不自由のある人が街に出かけられやすいようにと多くの人の努力によって実現できた「盲導犬のトイレ」だと思います。思いはかんちゃんさんと同じです。
朝の街は混雑していて当然です。予定のある人は時間に余裕をもって出かけたり、電車を使うなどすればいいと思います。そんなにせっかちにならないでおおらかにいきませう。










trackback
url:http://blog.officederee.com/trackback/1063582