<< どうも分からない | main | どうも分からない >>

どうも分からない

 ある日、福岡市中央区天神地区で「携帯電話」を拾いました。

 バス停の側で、バスを待っていた時、そばを、凄い勢いで、

 リユックを背負った青年が、通り過ぎました。5〜6メートル先で

 「カチャン」と云う音がしました。リユックから何か落としたのです。

 「お〜い」「お〜い」何回も呼びました。彼は振り返ることもなく去って

 行きました。 それは、「携帯電話」 を落としたのです。直ぐに、

 私は、拾いました。 「SOFT BANK」 の大きな文字が入った、

 ケイタイです。 きっと彼は、困るぞ!直ぐに!届けないと !

 警察は、なんだかんだと、厄介なので!お客を大切にする、

 Soft Bank 販売店に持って行こう!やっと探した販売店で 

 私「お客が困っているだろうから、住所を調べて、届けて下さい」

 店員「お客さんの情報は、勝手に調べられないんです」 

 私「じゃー、どうするんだ!君のところのお客が困っているのですよ」

 店員「警察に届けてください」 私 「いちいち、何で俺が警察に〜」

 店員「決まりですから〜」 私 「どうぞ、そちらで処分して下さい」 

 店員「???」そのまま、私は、携帯電話を放り投げて店を出ました。

    Dereeかんちゃん



at 21:52, dereeblog, -

comments(0), trackbacks(0), -

comment









trackback
url:http://blog.officederee.com/trackback/1070824